財団ってそもそも何ですか?

”今日はまず、「財団って何?」というところから、お話を聞けたらと思っています。誰にでもわかるように説明してって頼まれたら、何て説明します?

加藤:“お金の流れを変える装置”。

石川:企業や行政も、お金を循環させていると思いますが、それとは違う流れを作るということですか?

加藤:そうだね。儲かることは企業がやればいい。公益を担う行政は、お金の再分配をする。じゃあ企業でも、行政でもない財団は何をするのか。それは,公益的だけど行政が取り組みづらく、儲からないから企業が進出しないような領域で、新しいチャレンジをして、世の中に成果を見せること。その結果、ビジネスになる可能性があったとしたら、企業が投資すればいい。取り組みの社会的効果が見いだせれば、行政がそれを引き継げばいい。”

続きはこちらからお楽しみください。

(Drive 2015年03月)