たつえ基金

委託者

伊藤たつえ

ito_tatsue_retouch

基金趣旨

故人は大正五年の生まれで、当時の女性としては先んじて、自らの努力を通じて、高等教育の環境を手にした女性でした。故人は初等教育を受け、その後、百貨店で事務員として働く中でわずかながらの収入を手にし、通信教育に投じ、高校卒業の免状を取ることになります。その後、故人は、戦時中の代用教員の経験を活かし、大阪府箕面市の自宅で塾を開き、裕福な家庭の子弟の指導をてがけました。故人による指導は、学力だけではなく、行儀作法にも定評があり、中学受験を志す児童や父兄の間で人気を博しました。

本基金は、教育の機会の格差の当事者として、また、その変革の当事者としての伊藤たつえ氏の思いを引き継ぎ、故人の遺産を基金として運営し、その運用益を平等な教育機会を目指す非営利法人への助成を行うものです。

助成履歴

2017年 第1回 NPO法人トイボックス(大阪市)金30万円

基金設立日

2015/09/02

基金総額

金3000万円

助成対象

児童の教育機会の不平等の是正を目的として事業に取り組む非営利法人